EnCube(インキューブ)の販売会社はすごいところだった

EnCube(インキューブ)の販売会社はすごいところだった

メディアが注目する商品開発力

友人:EnCube(インキューブ)を販売している会社は『株式会社INK(アイエヌケー)』なんですが、聞いたことはありましたか?

:なかったですね。

友人:私もです。でも実は素晴らしい会社なんですよ。

:調べたところ『INK』は3つの子会社を持っているんですね。美容・健康関連商品の開発をしている『株式会社GLANd』と『株式会社SHINOWA』、それから広告代理・コンサルティング事業をしている『株式会社Michelle』と。

友人:実はその『株式会社GLANd』の実績がとんでもなくて。「金剛筋シャツ」という男性用着圧インナーを作っているんですが、なんと半年で10万枚売れたそうです!

:それはすごい…!

友人:この「金剛筋シャツ」ですが、2017年にはお笑いコンビ『品川庄司』の庄司智春さんが公式アンバサダーとして就任しています。さらに2018年1月には、千葉テレビ放送制作のバラエティ番組『ナイツのHIT商品会議室』でも取り上げられているんです。

:かなり信頼性のある実績を積み重ねているということですね。

友人:はい。そんな子会社を所有しているので、『INK』の商品であるEnCube(インキューブ)もかなり作り込まれているのではないかなと思います。実際かなりいい評判もたくさん寄せられていますし、今後メディアに取り上げられるかもしれないですね。

自信を持ってEnCube(インキューブ)を販売

友人:『INK』は、会社概要によれば平成26年に設立されています。従業員数は50人となっていますね。

:知らない人が多いだけで、会社の規模は決してとても小さいわけではないと。

友人:そのとおりです。ウェブサイトのトップメッセージを見ると「100人のリーダーの創出をするんだ」という目標を掲げていて、言葉ひとつひとつの力強さからさらに大きく成長するような雰囲気を感じさせてくれます。自分たちにしかできないものをカタチにしていく、そうしたスタイルに自信を持っているようにも感じられました。

:EnCube(インキューブ)もそのひとつ、ということになるんでしょうか?

友人:だと思います。EnCube(インキューブ)のプライバシーポリシーや利用規約を見ると、自信の現れを垣間見ることができますよ。責任の所在や問い合わせ窓口などがはっきりと記載されていますから。

:インターネット販売は比較的安全になってきたとはいえ、そのほうがやっぱり安心しますね。

友人:もし商品に自信がなかったり消費者を騙そうとしたり考えていたら少しでも怪しいところが出てくると思うんですよ。でもそういった箇所はひとつも確認できませんでした。もし申し込みを迷っている人がいたら、「EnCube(インキューブ)は信頼と実績のある会社が作っているんだよ」と伝えたいですね。

EnCube(インキューブ)のイメージ画像
EnCubeのHPを見る トップページを見る